オリンピックメダリストの銀座パレードで一番目立っていた橋本聖子氏に非難が殺到!

 

 

いやー銀座パレード、私も仕事の合間にテレビで見させていただきましたけど、素敵でしたね。

 

オリンピック・パラリンピックメダリストの方々の笑顔を見るにつれ、リオオリンピックの感動が思い起こされ、感動しきりでした。

 

ただ、残念なことにそんな感動に水を差す出来事がありました。

 

なんと、あの橋本聖子氏が銀座パレードのバスに乗っていたのです。

 

しかも、自らメダリストの真ん中に陣取り、恥ずかしいことに一番目立ってました。

 

そもそもこの人、リオのメダリストではないですよね。

 

 

 

 

 

橋本さんは、今回のリオオリンピックの代表選手ですらないですよね?

 

百歩譲って、仮に「私は、JOCの役員で、リオOP選手団の団長なんだからパレードに参加する権利はある」ということであったとしても、選手にスポットライトを浴びてもらうことが目的のはず。

 

アスリートファーストのはずですからね。

 

本人が目立ちたかったとしても、誰が見ても身を引いて黒子に徹するべき場面だったと思います。

なぜ、この人がパレードで一番目立つ必要があるのか。

見に来ている人も、リオのメダリストを見たかったはずでしょう。

 

matome.naver.jp

橋本氏の みんなのアイドル高橋くんに対するセクハラ行為は記憶に新しいと思います。

 

その後、言い訳しながら逃げ回った挙句、コソコソと謎の緊急入院したのは周知の事実ですね。

 

blog.esuteru.com

高橋大輔は当時「パワハラ、セクハラとは思っていない。羽目を外してしまった。反省している。」と橋本氏をかばう発言をした。

 

が、橋本氏は、日本スケート連盟会長というスケート関係者の中の最高権威

 

その地位でキスを迫られては断ることはできないし、スケート連盟の最高権威がピンチに追い込まれたのに、立場が下の人間としてかばわないわけにはいかなかったのだろう。

 

 

ten-shoku.biz

高橋にとっての、橋本氏は絶対的な権力を持っている上司に該当するため、橋本がスケート連盟の会長を辞めない限り、拒否する権限などあるはずがありません。

 

そんな橋本聖子氏ですから、てっきり、政治家もスケート連盟の会長もオリンピックの要職もすべて辞めさせられていたのだとばかり思っていました。

 

が、要職にとどまり続け、なにも処罰されていなかったのですね。

 

なぜ、全くおとがめなしだったのか驚きです。

 

というか、前代未聞のパワハラ事件のほとぼりが全く冷めていないにに、満面の笑みでパレードのバスに乗って、しかもメダリストの真ん中に立つという、橋本聖子氏に対して、ネット上からも当然ながら非難が殺到しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像通り、炎上状態でした。

 

橋本聖子氏は、国民から嫌われている自覚がないんでしょうね。

 

次の選挙でこの人落ちればいいのですが、比例区で出るでしょうから、微妙ですね。当選するかもしれません。

 

なんで国会議員を続けてられるのが疑問ですが、平気な顔してパレードのバスに乗ってる橋本氏の顔を見て、一気にリオオリンピックの感動が薄れたので残念でした。

 

最後に、橋本氏の最近の発言で首をかしげたくなった内容を一つ紹介します。

 

news.livedoor.com

こういうこと言うの、よくワンマン社長にいるタイプですが、高い目標掲げて鞭打つだけなら、サルでもできるんですよね。

 

橋本氏は過去に銅メダルかろうじて一個とった経験があります。

 

なのでメダルを取る難しさを誰よりも知ってるはずなんですけどね。

 

他人に大きな目標強いるなら、橋本氏自らが現役復帰してメダル取れよ。

 

政治家とかオリンピック要職とか、権力いっぱい持ってる立場で偉そうに物事語るんじゃない!

 

自分を偉いと勘違いして偉そうにしている人間を見ると、この人リーダーとしての器じゃないなとつくづく思います。